ひょんなことから、ソ連から独立数年後のエストニア政府と働いていた人に会った。旧ソ連弱貧国→世界no.1デジタル国家への道のり。

今日、ひょんなことから、ソ連から独立して数年後のエストニア政府と一緒に働いていた女性と話した。

 

効果音を付けるなら、ひょん!ていう感じで。昔何をしていたのか、(ほんとにただ会話をつなげるために...)聞いたら、「1990年代半ばからエストニア政府と働いていた」と。

 

突然歴史の授業を挟むと、エストニア旧ソ連の国で、1991年にソ連崩壊と共に、独立を果たしたんですよ奥さん。

 

エストニアと言えば、人口130万人(日本で言えば福岡市くらい)の小国にもかかわらず、(むしろだからこそ?)

・外国人がエストニアのシステムを使って海外にいながら会社を設立できるe-Residency(電子居住)があったり、(アベさんも持ってるらしい)

・2007年に世界で初めて国政選挙でのオンライン投票を始めたり、

・政府が仮想通貨を発行しようと準備していたり、

まあとにかくテクノロジーが怖いくらい進んでる国として名を馳せ始めてる気がします。

 

でも、たった26年前まではソ連だったんですよ。エストニアに行った時にジモティが言ってたけど、西洋のテレビや映画を見るためにフィンランドのテレビ通信を傍受してたとか、そういうレベルだったらしい。※ジモティ・・・「地元民」。

 

それをぐいーーーーと急に変えたのは、独立直後のエストニア政府だったと言われています。

1992年に総理大臣になったMart Laar。彼は当時32歳。 3   2   しゃい。。。。

f:id:tougarashikakinotane:20171028011030p:plain

(全然32歳に見えない...)

 

フランスのマクロン大統領とか、カナダのトルドー首相とか若い若い言われてるけど、マクロン39歳、トルドーなんか45歳だからね。(ウチらのアベさん、63歳☆)

f:id:tougarashikakinotane:20171028010640j:plain

(ベイビー:「意外とおっさんや〜ん!」)

 

若いのは、Laarだけじゃなくて、彼の内閣の平均年齢はなんと35歳!(The Economistより)どこのスタートアップ企業だよって感じ。

でもある意味、スタートアップ企業みたいなものかもしれない。ソ連から独立して、政府も国民も再スタートしたわけだしね。

 

で、今日会った女性は、計算してみると、多分彼の二期目の内閣と一緒に働いていたみたい。(Laar一期目:1992-1994、二期目:1999-2002)

 

彼女によると、Laarはかなりテクノロジー化に意欲的だったという。(でも彼のバックグラウンド調べたら、歴史学専攻で歴史の先生をしてたみたいだけど。文理両道?)

 

彼女に話を聞いてみると、

 

エストニアのひと:『当時はインターネットがどんどん盛んになってきていて、わたしたちはこれが一体どんな風になるか分からなかったけど、とにかくデジタル化を進めていこうとしてた。まさか今こんなに大きいことになるとは全く思っていなかったけどね。』

 

わたし:「でも、反対とかなかったんですか?そんな急激に進められるものですか?」と聞いたら、

 

エストニアのひと:『あまりなかった。だって、デジタル化を進めていくことは、行政の透明性(transparency)を高めていくから、国民にとってもいいことだったと思う』

 

いやその考えはなかった。

私が、あまあまなワカモンだからかもしれないけど、透明性の視点から行政のデジタル化を考えたことってなかった。

 

役所に行かずに住民登録できるのって便利じゃん、オンライン投票も便利じゃん、

ていうかデジタル国家とかなんかかっこいいね

 

くらいにしか思ってなかった。

 

ソ連時代に行政で腐敗がはびこっていた旧ソ連国のエストニアにとっては、デジタル化っていうのはただ「便利だから」「世界の先行く感じでかっこいいから」じゃなくて、もっと切実な役目「行政を再び腐敗させないこと」があるんだなと思った。

 

日本の政府団もなんどもエストニアに行って、行政のデジタル化を日本でもまねして取り入れようとしているみたいだけど、なかなかうまくいかない理由が分かる気がする。

 

f:id:tougarashikakinotane:20171102235153p:plain

(誰も幸せになってない(と私は思ってる)マイナンバー制度)

 

日本では、行政をデジタル化することと行政の透明化ってそんなにセットになって語られることじゃないような気がする。

便利だから、っていう文脈がやっぱり多いような。

 

エストニアにとっては、行政がなにしてるのか不透明で腐敗だらけっていうソ連時代の過去が、行政の透明化・デジタル化を身近かつ重要なことにしてるんだろうな。

 

たった26年前に独立したわけだし、ソ連時代もそんな遠い過去じゃないんだよな〜と改めて感じる。

 

エストニアでロシア語話せる人もすごい多いもんね。(ただ、ロシア語とエストニア語はかなり言語として違うので、ソ連に組み込まれた国の中でもエストニアはロシア語を話せるようになるまで苦労したってエストニア行ったとき聞いた。ジモティから。)

 

いや頭では分かってるつもりでも、なんか直接話を聞くと、ソ連がそんなに近いものなんだとびっくりするわ。

 

エストニアしゅきしゅき言ってるけど、私は変わったあとのエストニアしか知らないわけで、ソ連時代を知っているエストニアの人からしたら、やばい変わりようなんだろうなと思った。ただテクノロジー進んでてかっこい〜〜みたいなんじゃなくて。

 

*****

ちょっとそんなに言うならエストニアの政府の透明性すごい高いんだろうなと思って、Transparecy InternationalのCorruption Perceptions Index 2016ていう国家の透明性・腐敗してない度を測るやつ見て見たら、

エストニア、22位。

 

(え、微妙じゃね?)

 

 

日本、20位。

 

まさかの日本の方が上なんですけど。うそ〜〜〜っていう。

 

でも、ロシアが131位なところを見ると、ソ連の腐敗にはエストニアのテクノロジー化っていうのは効果的だったのかしら。ロシアをおとしめたいわけじゃないけども。

f:id:tougarashikakinotane:20171103000758j:plain

 (犬好きな誰かさんのせい....?)

 

なんだか相変わらず綺麗にまとまらないブログです。

 

*****

でも、エストニアの急進的に見えるデジタル化には、行政の透明化っていう切実な役割があって、ソ連時代の腐敗の記憶がある国民の支持を得ながら進んで来たということがわたし的にはすごく印象に残りました。

 

印象に残ったっていうより、納得したっていうのが正しいかもしれない。なんでエストニアはこんなに急進的にデジタル化を進められるんだろう?と疑問に思っていたので。

しかも、「かっこいいと思ってやってる感」が全然ないのもすごい長年の疑問だったから。

シリコンバレーとかかっこいいじゃないですか。

でも、エストニアでデジタル化進めてたり最先端のことやってる人ってなんか「かっこいいことしてる感」出す人が全然いない気がずっとしてて、それがすごい不思議だなあと思ってたのです。

 

歴史的な必要性(もしくは歴史的に必要と感じることと言うべきかも)からデジタル化をやってると考えると、つじつまがあう。

ソ連時代の腐敗だけがエストニアのデジタル化の理由ではないかもしれないけど、やはり大きな要因であることは間違いなさそうだ...と思ってます!

 

*****

にしても、国家の透明性ランキング、もうちょっとがんばりたいところだね、エストニアさんよ。。。(2位上なだけで日本が言うなて感じですかね。)

「0570-783-556」 死にたいっていうより、生きてたくないって気分むっちゃわかる。

「1-800-273-8255」っていう謎なタイトルの曲が流行っているって、Twitterで知った。

www.youtube.com

どうやら、タイトルの1-800-273-8255っていうのは、アメリカの自殺予防相談の電話番号らしくて、このLogicというラッパーさんの曲のおかげで、この電話に相談する人が急激に増えたんだって。

playatuner.comラップで自殺防止を呼びかけるっていうのももちろんめっちゃすごいし、

ストーリー仕立てになってるミュージックビデオも曲に合ってていいんだけど、

 

わたしにとっては、

・タイトルを数字にしたこと

・「I don't wanna be alive」(もう生きてなくない)ていう歌詞

がずこーーんと印象に残った。

 

数字がタイトルってあんまりないし、あっても1つの数字とか短いのが普通だと思う。

(ブリトニースピアーズの「3」しか思いつかない...。3人でした方が楽しいよ♪っていう、直球すぎてもはやエロくない曲。参照:Britney Spears - 3 - YouTube

 

この電話番号全部をまるっとタイトルにするっていうアイディアがすごい斬新でいい。

今広告代理店の人や、放送作家が書いたアイディアの本を何冊かぱらぱら読んでるんですが、その人たちが知ったら褒めそうな、めちゃくちゃ効果的な曲名の付け方だと思う。

 

これはどういう数字なんだろう?って調べたくなるし、調べて自殺防止相談室の番号だってわかったら、曲に物語性?というか、ストーリーが加わるし。

 

あと、これがもし「生きろ」とか「死なないで」っていう単純な曲名だったら?と考えてみると、それだと陳腐だし何より本当に自殺したいかもって思ってる人にここまで響かない気がする。

電話番号を曲名にすることで、死にたいなあって思ってる人に相談室に電話するっていう、具体的な解決策を提示してるところがすごいいい。

 

あと、「もう生きてたくない」っていう歌詞が私にとって、すんごいしっくりきた。

f:id:tougarashikakinotane:20170906000304p:plain

(字幕をつけるのおすすめ。何言ってるんだかわかった方がこの曲に関しては良いような気がする。YouTubeがつけてくる、♪が余計だけど。『もう生きてくないんだ〜♪るんるん♪』って感じになっちゃうじゃん。でもこの音符記号も、「台詞ではなくて、歌詞です」ってことを表すために必要なんだろうね。)

 

まあこのあとに、"I just wanna die"って続くんだけど、個人的には"I don't wanna be alive"の方にめっちゃ共感した。(むしろI just wanna die単体ではあんまり共感できない。)

 

わたしもたまに、あ〜死にた〜いって思うことあるけど、本当にじゃあ死ぬために必要な行為をやりたいかっていうと全然違くて、

死にたいって思うときはむしろ、毎日生きてるだけですごいたくさん嫌なことがあるし、また明日起きてこの生きる行為を繰り返さないといけないかと思うと、この生きているっていう状態をやめちゃいたい〜って感じで。

 

英語の動詞と形容詞の違いを語れるほど詳しくないし間違ったこと言ってるかもだけど、

I don't wanna liveじゃなくて、I don't wanna be aliveだからこそさらにしっくりくるのかなとも思う。

そもそも生きてたくないって思う時って、動詞で「生きる」って言えるほど積極的に「生きる」ってことをしてなくて、なんもやってないけどただただ状態として「生きている」のが続いている感じというか。

 

わたしだけじゃなくて、「死にたい」って言うときに、多くの人が本当は死にたいっていうよりも生きてたくないって思ってるんじゃないのかなあという気がする。というか、これってもしかして色んな人たちによって言い尽くされてることですかね。ああなんかそんな気がしてきた。

 

何番煎じかわからないけど、この歌詞を聴いたときに、ああそれだよそれ〜って思った。死にたいっていうより、生きてたくないよね〜これ毎日続くのやだよね〜って思った。

 

いやなんでそんなに生きるのつらいんだよって思う人もいるかもしれないけど、それはもう個々人の感じ方の違いだと思う。

つい最近かなりしょうもないことでちょうど「あ〜もうこんな人生続くのやだ〜」って私は思ってたんだけど、多分同じ事が他の人に起こっても、感じ方は全然違うと思うし。

あまりにもしょうもないから、ちょっと書かないけど。(最初書いてたけど、あまりにもおバカな話だから、読み返しみてこれ人に知られるの恥ずかしいでしょって思って消した。)

 

 

でも、きっとこれからも、生きてたくねーって思うこと、この性格だからたくさんあるだろうなと思う。この未来予想、全然心弾まなくてうける。

 

何の話だかだんだんわからなくなってきたけど、電話番号をタイトルにするアイディアがいい!ってことと、生きてたくないっていう歌詞のしっくりさについて書きたかった。

 

勘の良いみなさん(みなさんっていうほど読んでる人いませんよ)はもうわかってるかもしれないけど、このブログのタイトルもLogicさんのアイディアをぱくってみた。

 

午前10時から午後10時までしか受け付けてないっていうのがちょっとひっかかるけど、(死にたいって思い詰める時間って午前2時〜4時くらいなんじゃないのかね)

誰かに言うだけでも気持ちが解消されることもある気がする。Ahそんな気がする〜。

なんで寒い時期に寒い国に行くのか

f:id:tougarashikakinotane:20170829022118j:plain

(写真:2月のエストニア・タリン)

 

なんで寒い時期に寒い国に行くのか。

→A.安いから。

→A. 計画性がなくて、いい時期の飛行機のチケットを事前に買っておくということができないから。

 

続きを読む

My Skinny Sister (2015)

f:id:tougarashikakinotane:20170506214841j:plain

My Skinny Sisterという映画を見た。拒食症になっちゃった姉を持つ妹の話。

スェーデンの映画。でも、トロント国際映画祭でも上映されたり、評価は高いみたい。

感想は、とにかくできた妹だなあ、てこと。

お姉ちゃんが美人で痩せてて、自分が太ってて別に特段かわいくなかったらひねくれちゃいそうなもんだけど、この妹Stellaは違うもんね。

お姉ちゃんが食べないこと、死んじゃうかもしれないことをすごく心配してて、できた妹だ。

兄弟・姉妹いるって大変だよな、とも思った。

自分はStellaみたいになれないだろうな、と。絶対比べて落ち込むでしょ。

ハッピーエンドでもバッドエンドでも、明確なエンディングがなかったけど、この映画妹ができたやつだから成り立つよな。とにかくそこに終始。

わがままなひと。才能のあるひと。

最近、才能があるひとはわがままだなあと思うことが多い。

そして自分はそのわがままさと才能に憧れるから、わがままなことは全く悪いと思っていない。

むしろわがままが許されるくらい、才能があっていいなあと思っている。そのわがままさが才能の高さを証明しているとすら思ってしまう。

 

そこで疑問に思ったのは、才能が先なのか、わがままが先なのか、ということ。

 才能がある人はわがままでも許されるから、才能のある人はわがままなことが多い、と考えるのが自然かもしれない。(才能→わがまま)

でも、わがままに生きたことによって才能が開花した、なんてこともあるのでは?(わがまま→才能)

 

逆に言うと、わがままに生きていないと、

自分のやりたいことではなくてやらないといけないことをやっていると、ある才能もなくなっていくんじゃないかと思っている。

 

そうやって持ち得ていたかもしれない才能をつぶしていることって意外とあるんじゃなかろーか。

 

でも才能があるのにわがままじゃない人もいるけどね。

マイケルジャクソンとか。(いきなり大物。)

でもわがままじゃないけど、言いたいこと言ってんなとは思う。(まだマイケルジャクソンの話。)

 

話がそれましたが、わがままで才能のある人に憧れるし、

わがままじゃなくて才能をつぶしているのはもったいないし、

自分には才能という才能はないかもしれないけど、もうちょっとわがままにリスクを取って生きようかなとおもったりおもわなかったり

 

 

怒られてすぐに傷つく若者がいけないの?

タイトルには若者とつけたけど、怒られてすぐに傷つく自分がいけないの?と言いたいところです。

 

褒めて伸びるタイプと、怒られて反省して良くなるタイプがある。って本当ですか。

 

ただ良いところを羅列するだけじゃ天狗になって悪いところに気付かないだろうし、

逆にただ悪いところを指摘するだけではやる気なくなっていくと思う。

 

最近の若い人はちょっと怒っただけですぐ辞めちゃうからとかたまに聞きます。

でも、それってその「若い人」のせいなの?

怒ってるだけで、その人のいいところを何にも言ってあげてなかったら、やる気なんかなくなるさ。

指導する側からしたら、悪いところの方が目に付きやすいのかもしれないけど、だからって悪いところだけを指摘していたら、その人は自分は無能なんだと思うかも。

もしくは、この人は自分のことを何にも認めてくれていないんだと思うかも。特に、実はちゃんと努力している人ならなおさら。自分のことをどこも見てくれていないんだ、と。

自分が指導される側に置かれると、自分が怒られる側に置かれると、そんなことに気がついてくる。

怒られるだけ、悪いところを指摘されるだけじゃ、なんのやる気もでないな、と。しかも誰も自分の努力なんて気にしてないんだ、とも思えてくる。

 

自分が指導する側になるときは、どうしても相手の悪いところが見えてきやすい。だって自分はそれがもともと得意で教える立場になっているわけだから、どうしたって相手の方が力は劣っているのだから。

でも、悪いところに隠れてなかなか見えない良いところをちゃんと探して言ってあげなきゃいけないんだと思う。そうじゃないと、自分がそうであるように、どんどんやる気なくなっていくし。

 

一方的に怒ることしかできない指導者は、自分が指導されていたときのことを忘れているのかな。それとも、自分が一方的に怒られているから、ほかの人にも同じことをしてストレスを発散したかったりして。

 

反面教師。

大使館に門前払いにあった話。(≒私が非常識な話。)

ある国の大使館に行ったら、インターホンで門前払いにあった。

ぴんぽーん

『今日はどういったご用件でしょうか?』

「あ、予約はしてないのですが、大使館に入ることはできますか?」

『どういった用件で入るのですか?』

「大使館に興味があって...」

『興味?どんな興味ですか?』

「あ、すいません、なんとなくなんですが、ちゃんとした興味がないと入れないもんなんですね、すみませんでした、帰ります(早口)」

『そうですね、詳細な用件がないと入れません、失礼します。』

 

知らなかった〜〜〜。大使館て気軽に見学できちゃうもんだと思ってた〜〜〜〜。

 

インターホンに出た人、終始、「は?なにこいつ?」ていう感じの雰囲気醸し出してたし。

すごく好きな国だったけど、その大使館の冷たさで少し気持ちが冷めてしまった。

100億%自分のせいだが。

 

そのあとは、普段なら絶対食べないクレープを食べ、帰路に着いた。