TBSに「外国人女性の嫌いなところはどこですか」と聞かれた話。

 

「外国人女性についてどう思いますか?なんか嫌いなところとか教えてください」

と聞かれた。

 

「TBS「好きか嫌いか言う時間」なんですけど、インタビューさせてもらってもいいですか?」と言われて、インタビュー(?)なるものを受けていた。(カメラなしで)

 

はじめは、「最近気になったニュースは?」とか「いまの日本に思うことは?」などある意味無難な質問だった。

私は、日本のサービスの質の高さはすごいけど、それへの対価が低すぎるんじゃないか、みたいなことを暑苦しく語った。

イキイキ喋る私とは対照的に、なんかつまらなそうなスタッフの人。

私が喋り終わると、突然、

「突然なんですけど、外国人女性についてどう思いますか?嫌いなところを教えてください」

と言われた。本当に突然すぎてびっくりしたけど、最初から聞きたかったのはこれだったのかもしれない。

「好きか嫌いか言う時間」って言う割に、「嫌いなところ」しか聞かれなかったのにひっかかって、しかも嫌いなところは特にないので、

「ないですね〜」

と答えたら、「えっ、、、他の人は目の前でアイディアをはっきりと否定してきたりとかそういうところが嫌いっていってたんですけど、そういうのないですか?」

寒い中立ちんぼで、鼻が赤くなっているインタビュアーの人が、悲しげに聞いてくる。

そこで、「ドイツ人の女性と喧嘩したことはありますけど、」

と言ったら、「え、それでそれで」と食いつきがいい。さっき、私が日本の賃金の話を語っていた時とはえらい違うじゃん。

「でも、単に仲がわるかっただけで、彼女がドイツ人とかは関係ないです」

と言ったら、「へえ...」という感じで会話が終わった。

 

 

にこやかに別れた後、どんどん嫌な気持ちになっていった。

この番組が「外国人女性」をどう扱おうとしているのかはっきりとはわからないけど、

それは私の好きな扱い方ではないような気がする。

「がいこくじんじょせい」と一口に言っても、いろんな人がいるのに、彼女らの性質をひとまとめに語ろうとしていること自体がまずすごく嫌だ。

インタビューでちゃんと嫌いなところが答えられた人は、自分の出会った外国人女性の嫌いなところを言ってるだけなのに、それが全「外国人女性」に適用されてしまうような気がして。

 

私は、最近気になったニュースを「トランプとかですかね〜」って言ったけど、

いろいろ違う人を勝手にひとくくりにして、その集団にはこうした性質があるって決めるのって、トランプみたいだと思う。

トランプは、アメリカにいる南米人は犯罪者ばかりだとか、アジア人は英語が下手だとか、いろいろ言う。

南米からアメリカに渡った人に犯罪者が多いかどうか、

アジア人が本当に英語が下手なのかどうかはわからないけど、たとえそれが本当だったとしても、

それをはっきり「〜〜人は、こうなんです!」って言っちゃうのは、危険。

なきがする。

あのインタビューから不安になった。

「好きか嫌いか言う時間」が「外国人女性の〜〜なところが嫌い・好き」というテーマをやる上で、「外国人女性には〜〜という性質がある」ということを前提にするんじゃないかと思って。

どんな放送内容かはわからないから、ひどい番組だ!差別を助長する!なんて言う気はないけど。 まだ。 少なくとも今は。

でも、外国人女性をひとくくりにして語る番組内容だったら嫌だなと思う。